診療科・部門

薬局

当科の特色

薬剤師は従来からの基本業務である調剤や薬品管理を始め、薬剤管理指導、医薬品情報管理、医薬品安全管理、特殊製剤調製、TDM、治験など、院内で多くの責任ある業務を果たしています。
薬剤師法が改定され、調剤した薬剤の適正使用に必要な情報の提供(薬剤管理指導)がますます重要な業務になってきました。年齢、性別、性格、理解力、既往歴、生活環境などそれぞれ異なる患者様の情報をカルテ等から収集し、その情報を基に患者様に応じて分かりやすく説明し、薬の服用を促すことが求められています。また、安全かつ効率的な薬物療法を提供するために我々薬剤師が担うべき役割・責任は大きいと考えます。
そのためには従来の「物の調剤」から患者様を中心とした「情報の調剤」への意識改革が必要です。

業務紹介

調剤

調剤は薬剤師にとって最も基本的業務ですが、従来の経験に基づく技術的な調剤から相互作用や副作用を回避する医薬品の適正使用を担う質の高い調剤へと変革しつつあります。徳洲会グループでは院外処方箋の発行は行わず、毎日多くの外来調剤を行っています。オーダリングシステムを導入して待ち時間を短縮したり患者様の服薬状況にあった調剤(錠剤の一包化や粉砕など)いろいろな工夫を行っています。
また、病棟への注射薬調剤は過誤防止のため患者様ごとのセット払い出しを行い、TPN(高カロリー輸液)の無菌調剤などを積極的に行っています。

薬剤管理指導業務

薬剤管理指導業務とは、入院患者様の薬学的問題点を解決するために、薬物投与後の有効性や副作用をモニタリングして、患者様にあった適切な薬物治療が提供できているかを評価し薬剤選択の助言を行うことです。また、薬物治療が開始される前の段階では、患者様の状態に応じた投与計画を提案します。そのため薬剤師は医師や看護師などに薬剤を適正に使用するための情報提供を行うとともに、患者様が不安なく納得できる薬物療法を適切に受けられるよう服薬指導も実施しています。
このような薬剤管理指導は、患者様に適切な薬物治療を提供し、患者様のQOL向上に貢献できる業務であり徳洲会グループ全病院で実施しています。さらに、入院患者様だけではなく在宅患者様への訪問薬剤管理指導や糖尿病、呼吸器、リウマチ、透析、がん化学療法といった特定の外来患者様に対する薬剤管理指導を実施している病院もあります。
また、私達徳洲会グループの薬剤師は、定期的に臨床業務研究会を開催し、グループ病院の薬剤管理指導業務内容について情報交換を行いながら薬剤管理指導業務の充実を図り更なる患者様のQOL向上に努めています。

DI(医薬品情報)業務

医師、看護師、患者様から問合せ内容、薬剤師自身が疑問に思ったことや深く掘り下げて情報を得る必要があること、さらにメーカーから提供される情報の中で広く医療従事者に伝える必要があると思われることなどをファイルに整理し、院内の全ての職員がいつでも閲覧 (検索機能あり)できるようにイントラネットに掲載しています。
また、院内の医薬品集の作成、添付文書改訂や使用上注意改訂などの情報提供、DI室内の書籍やビデオの管理などを行っています。

薬品管理業務

薬品管理業務とは、卸業者から薬品が納品され患者様に投与されるまでの医薬品の「品質」を管理することです。患者様に医薬品を安定して供給できるように必要量をチェックし、無駄な在庫が残らないように卸業者へ発注・購入しています。また、病棟に配置されている医薬品も期限切れがないかなども定期的に管理しています。

TDM(薬物血中濃度測定・投与量解析)業務

血液中の薬物濃度を測定し、その情報をもとに薬剤の最適な投与法(使用量、使用間隔)などを決定し、適正な薬物治療を実施することを、『TDM(therapeutic drug monitoring:薬物治療モニタリング)』といい、『TDM』は現在、病院薬剤師の最も重要な業務の一つとなっています。TDMの対象となるくすりには、抗生物質のほか、免疫抑制剤、抗てんかん薬、心不全治療薬、不整脈治療薬、気管支喘息治療薬などがあります。
薬学的な知識・技術を生かして個々の患者さんに応じた最も安全・効果的な薬物治療の実践をサポートしています。

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

医療公開講座

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人