診療科・部門

心臓MRI

心臓MRI検査とは?

従来、MRIは動きに弱い検査方法で、動いている部位の検査には不向きでした。しかし、近年のMRI装置は進歩し、現在では人体で最も動きの最も激しい心臓領域でもMRI検査が可能となってきました。

 

CT、カテーテル検査と違い、被ばくが無いことが最大の利点であり小児や、妊娠中期~後期にかけての患者さんにも安心して検査を受けて頂けます。造影剤が無くても心臓の栄養血管である冠動脈の評価や、心臓の筋肉の動き、急性心筋梗塞によっての心筋の浮腫などが分かります。

 

造影剤を使わないので、腎臓の機能が悪い方でも検査が可能です。綺麗な画像を得るために受けられる皆様には、脈を整える薬や、血管を広げるお薬を検査の前に服用して頂く場合があります。また、検査の前には問診票の記入、お着替え、造影剤を使う場合には点滴の準備などさせて頂きます。

 

心臓MRIについて

心臓MRIの特徴

【メリット】

・放射線による被ばくがない。

・造影剤を使用しなくても冠動脈、心筋の壁運動などが評価できる。

・一回の検査でたくさんの情報が得られる。

・形態評価と機能評価を同時に行える。

【デメリット】

・音の大きな検査です。

・時間がかかります。(検査内容にもよりますが、30分~1時間ほど)

・閉所恐怖症の方はできないことがあります。

・金属を埋め込んでいる方は注意が必要です。

・15~20秒程度の息止めを繰り返していく検査です。

 

冠動脈評価から心筋性状評価まで幅広く活躍できます

冠動脈の狭窄の有無、カテーテル治療する際のプラークの性状評価、心筋の動き、急性期の心筋梗塞の有無、心筋へのダメージ(カテーテル治療が必要かどうかの指標)、心筋症の鑑別、血液循環の状態

などたくさんの情報が得られます。

 

 MRI

 

実績

 

 2015年度

 2016年度

心臓MRI 24件 172件

 

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

中電健保予約専用サイト

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ