診療科・部門

ニキビ(にきび)

ニキビ(にきび)とは

 ニキビと呼ばれているものは病名を尋常性ざ瘡と言います。思春期以降に発症し毛穴が赤く腫れ膿を持つようになるものでしこりになることもあります。最初は毛穴が角質で閉塞し皮脂が溜まってくることで盛り上がってくることから始まります。所謂、白ニキビという状態です。ここで赤く腫れてくる原因になる細菌が入り込むと炎症が起こります。

 

 こうなると抗生剤等薬物を使用して治療する必要がでてくることになります。放置した場合は慢性的に腫れていることになるため跡を残しやすくなっていまします。治療法は抗生剤の内服と塗り薬の併用が必要となります。

 

 内服薬に関しては特効薬的なものは無く色々なものを使用し効果を確認しながらその人に合ったものを探していくことになります。従って内服薬治療を開始してから見た目がはっきりと良くなるまでにかかる時間は人それぞれ異なってきます。一般的に有効とされるものから開始していきますが何番目の投薬でうまくいくかは事前には検査等で確認することが困難です。一般的に好まれることが多いビタミン剤、漢方薬の内服に関しては補助的に使用するにとどまります。これは単独使用しても効果が不十分であったり人によって効果に差が大きいことに起因します。

にきび

治療について

 ニキビ治療は赤く腫れているときは抗生物質の内服治療を主体とし外用剤を併用、効果不十分な場合にビタミン剤、漢方薬併用ということになります。ステロイド剤の外用は基本的に行われません。

 

 美容の側面で行われることがあるケミカルピーリングに関しては効果がある場合もありますが保険適応外となります。行っている施設も限られるため事前に確認が必要です。

 

 塗り薬は抗生物質、ディフェリンゲル、ベピオゲルが対象となります。これらの治療を行っても大きなしこりを残してしまった場合はステロイドの局所注射を行うこともあります。これはケロイドの治療と同様のものとなります。

 

 普段のスキンケアに関しては1日2回程度の洗顔が推奨されています。化粧品に関してはざ瘡患者への使用試験が行われている低刺激性のものが推奨されているので化粧品店で相談されると良いかと思います。

 

 食べ物の制限はありませんが人それぞれの状況を鑑みて指導することもあります。極端な偏食やファーストフードのみといった特殊な場合は指導の対象となります。

 

 ニキビやニキビ跡に対するレーザー治療に関しては日本においては保険適応外であり検討もまだ不十分であることから今のところ広くお勧めすることができません。

まとめ

にきび

 特に赤く腫れてきたら跡を残す可能性が出てくるため放置せずひどくなる前に皮膚科受診し抗生剤の内服・外用治療を行うことをお勧めします。

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ