診療科・部門

進化し続ける脳神経外科手術

はじめに

 2019年5月当院に据え置き型デジタル式循環器用X線透視診断装置である血管撮影システムTrinias(トリニアス)が導入されました。

 カテーテル治療の際に使用されるこの装置は循環器分野だけでなく脳神経外科分野においても大活躍しています。

 患者さんに負担のより少ない低侵襲な手術を提供することが求められる時流にあって、脳神経外科の分野でも従来の観血的な手術から徐々にではありますがカテーテルでの治療へとシフトしているのです。

Trinias

▲血管造影システムTrinias(トリニアス)

 

頚動脈狭窄症

 脳を栄養する血管で一番重要な血管は頚部前面からも触知できる頚動脈という血管です。この頚動脈の内側の血管壁に動脈硬化に伴うプラークが堆積し血管の内腔が狭くなった状態を頚動脈狭窄症といいます。この頚動脈狭窄症は頭蓋内への血流量を減少させたり、プラークが脳内へと飛散することにより脳梗塞を誘発することがあります。従来この頚動脈狭窄症に対しては頚部を切開し、頸動脈を露出・切開し血管内のプラークを直接摘出してくるという頚動脈内膜剥離術を行っていました。

CEA

▲CEA(頚動脈内膜剥離術)

 

❖経皮的頚動脈ステント留置術

 近年、頸動脈狭窄症に対してカテーテルによる経皮的頸動脈ステント留置術が行われるようになってきています。カテーテルを血管内から病変部へと進め、病変部でステントと呼ばれる金属を広げ、血管の狭窄状態を改善させるという治療です。頚動脈内膜剥離術に比べると、デメリットとして、血管狭窄の改善が不完全、血管内に異物を留置、術後の抗血小板剤の内服が必須などがありますが、手術時間が短い、入院日数の短縮、局所麻酔で済む、そしてなにより頚部に傷が残らないなどのメリットがあります。

 

脳動脈瘤

 脳動脈瘤は脳の血管にできた袋状の瘤(こぶ)のことです。この動脈瘤が破裂してしまうとくも膜下出血となり半数近くの方が命を奪われてしまいます。幸いにも命を取り留めた場合でも強い後遺症を残してしまったりとその後の生活に多大な不利益を負うこととなります。当院でもこの動脈瘤に対する治療に力を入れており、破裂する前の動脈瘤、あるいは破裂してしまった動脈瘤に対して積極的な手術治療を行っております。

 動脈瘤の手術は従来、開頭(頭の骨を開け脳の手術をする方法)しての動脈瘤にクリッピング術が行われてきました。しかしこの動脈瘤の手術に関しても、低侵襲なカテーテル治療が行われるようになってきています。

clipping

▲クリッピング術

 

 ❖経皮的脳動脈瘤コイル塞栓術

 マイクロカテーテルという細いカテーテルを頭蓋内の血管へと進め、動脈瘤内部に留置し、プラチナ製のコイルを動脈瘤内へ充填する治療方法です。

 カテーテルを誘導できる場所の動脈瘤でなければいけない、留置したコイルが血管内へと逸脱しないような形状の動脈瘤でなければいけないなどの制限はあるものの、風船型のカテーテルであるバルーンカテーテルや頭蓋内血管用の細く柔らかいステントでアシストすることで血管内手術での治療が急速に増加しています。

coil

▲経皮的脳動脈瘤コイル塞栓術

 

 周術期での再破裂率は開頭手術より若干高いものの、10年間での長期の治療成績ではコイル治療が優れていることがわかってきており、今後新しいデバイスの開発とともにますます血管内手術に比重が置かれていくこととなるでしょう。

 

さいごに

 脳神経外科分野でのカテーテル治療は現在も初期の段階にあり、日々新しいデバイスや治療方法が発表されています。

 当院でも、Triniasを活用し、日々最先端の治療方法をアップデイトし、患者さんにより良い医療を届けられるよう日夜励んでおります。

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ