診療科・部門

局所麻酔下胸腔鏡について

概要

 胸水が溜まる原因を調べるために、胸腔内に内視鏡を入れて(下図参照)、病変の観察と病変部の組織採取を行う検査です。胸水の一部を採取して原因を調べる胸水穿刺検査での診断率は約60%とされていますが、局所麻酔下胸腔鏡検査では約90%の症例で胸水の原因が判明すると報告されています(Journal of Thoracic Disease 2014: 6; 438-443)。全身麻酔ではなく、内視鏡を挿入する部分だけの局所麻酔にて行います。

 

気管支内視鏡検査

 

方法

 超音波装置にて内視鏡を入れる部位を確認します。皮膚を消毒し、皮下に麻酔薬を注射し、メスで切開します(切開創の大きさは1 0 mm程度です)。ポート(内視鏡を挿入するためのトンネル)を置き、その後滅菌した内視鏡を入れます。内部を観察し、病変を認めた場合には組織採取を行います。検査時間は約60分間です。

 

気管支内視鏡検査

 

実際の所見

気管支内視鏡検査

局所麻酔下胸腔鏡による治療

 胸の中に膿みがたまる膿胸(のうきょう)では、局所麻酔下胸腔鏡によって胸の中を洗浄し、膿みを溶かす薬剤を注入して治療を行うことがあります。

 

気管支内視鏡検査

 

検査実績

 2018年度は5件、2019年度は7件の局所麻酔下胸腔鏡を行いました。主に水曜日または金曜日の午後に、呼吸器内科にて行います。検査前に十分な説明をいたしますので、安心して受診してください。

 

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ