ブログ

2019.01.08 | Topics 

あけましておめでとうございます

2019 Nagoya CVS team for web

昨年の名古屋徳洲会総合病院における手術総数は920例と過去最高となりました。特に大動脈瘤緊急手術、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)、経皮的ステントグラフト手術そして末梢血管手術が増加しました。21年目となった名古屋徳洲会心臓血管外科グループは、春より東海地区の大垣徳洲会病院で8病院目として心臓血管外科を再開させていただきます。東海地区での心臓血管外科診療特に救急疾患についてますます充実させていただきます。

 冠動脈バイパス手術は107例でした。左前下行枝病変に対してはダビンチによる左肋間小開胸バイパス手術(Robotic MIDCAB)を5例行いました。ダビンチロボットもXiタイプと最新のバージョンを導入し、安全正確に小切開低侵襲心臓手術(MICS)手術が可能となりました。また内視鏡下大伏在静脈採取を10年ぶりに再開しました。20cm程度の大伏在静脈も1cm程度の膝の傷口だけで採取することができます。症例を選んで小切開での大伏在静脈採取を進めていきます。

右肋間小開胸による内視鏡下MICS弁膜症手術も昨年14例行いました。ダビンチ僧帽弁手術も行ってまいります。経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)は昨年28例行い安定した成績でますます増加傾向にあります。 

胸部大動脈瘤手術は昨年胸部118例、腹部98例と増加しました。そのうちステントグラフト治療が77例でした。A型急性大動脈解離に対する緊急手術は72例行いました。

カテーテルによる左心補助ポンプであるインペラ(Impella)を29例(内PCPSと併用するECPELLAは14例)に行いました。うち19例が重症の急性心筋梗塞を含む冠動脈疾患でした。75%の症例に血圧、心拍出量、尿量の増加を有意に認めました。54%が離脱可能となり30日生存率はインペラ単独で88%、ECPELLAで33%でした。救命不可能な重症心原性ショック症例に対して極めて有効な治療法となりました。

当院ではTAVI、ステントグラフト、インペラ等のカテーテルを使用する治療は内科を主としたハートチームで行っており、内科外科ともに発展していきたいと思います。ダビンチロボットもXiタイプと最新のバージョンダヴィンチロボットによる内胸動脈グラフト採取を20例行い、その中で、左前下行枝病変に対してはより安全正確に小切開低侵襲心臓手術(MICS)手術が可能となりました。

 手術をさせていただいたにもかかわらず命を救えなかった患者さん、合併症で後遺症を残された患者さんも少なからずおられます。患者さんご家族様はもとより紹介していただいた医療関係者の皆様に大変申し訳なく思います。多く経験と反省をさせていただいき、今後手術をさせていただく患者さんをより多く救命しお役にたてるように精進してまいります。

▲ ページの先頭へ

2018.12.29 | Topics 

冠動脈バイパス術における、内視鏡下大伏在静脈グラフト採取

冠動脈バイパス術において、バイパスする血管の一つとして足の表面に走る大伏在静脈は大事な役目を果たしほとんどの冠動脈バイパス術において大伏在静脈は採取されます。

従来なら20cmから30cmの大伏在静脈を採取するにはその長さの分だけ皮膚切開が必要ですが、そのため、創部の感染、痛みの合併が起こります。心臓をよくする手術のためその程度の合併症は仕方ないですむかもしれませんが、なるべくなら小さな傷口で足の傷口の心配のない手術が望まれます。当院では、過去(2005年~2007年)に120人近い患者さんに内視鏡下大伏在静脈グラフト採取を行っていましたが、本年より新しい機器を使用して再開しました。

図1 従来の手術における大伏在静脈採取の皮膚切開
図2

内視鏡下大伏在静脈グラフト採取による傷口

当院はさらに膝の一カ所のみの傷口です

これを可能にしたのは、特殊な糸結びによる遠隔結紮法を行っているからです。

constrain-750x1500-1292312406 大伏在静脈を剥離する機器です
vasoview-7xb 大伏在静脈の枝を切開し、大伏在静脈を端で切断する機器です
スナップショット 1 (2018-12-29 11-45) 膝に約1.5cmの切開を加え大伏在静脈を剥離します
スナップショット 2 (2018-12-29 11-49) その傷口から鼡径部まで内視鏡で大伏在静脈を剥離します。
スナップショット 3 (2018-12-29 11-58) 枝を内視鏡で切開します
スナップショット 4 (2018-12-29 12-03) 特殊な糸結びで大伏在静脈に糸をかけます
スナップショット 5 (2018-12-29 12-03) かけた糸を内視鏡で20cm奥の鼡径部の根元まで運びます
スナップショット 7 (2018-12-29 12-05) 糸を引くことによって遠隔で大伏在静脈の端を結紮します
スナップショット 8 (2018-12-29 12-06) 大伏在静脈の端を切開します
 スナップショット 9 (2018-12-29 12-08)       糸を切断します
図4trim

術後の創部です。膝の部分にのみ創部があり1.5cm程度ですので痛み、しびれはほとんどありません。感染も稀です。

(創感染は1%ですが、程度は軽微でした)

   
   

 

▲ ページの先頭へ

2018.10.16 | Topics 

第19回 心臓血管外科術後の会~下呂温泉 水明館~

平成30年10月6日(土)、19回目となる心臓血管外科術後の会を下呂温泉水明館(岐阜県)にて開催致しました。患者さんやスタッフなど総勢250名ほどが参加しました。

 ホテル到着後は、「心臓血管外科手術のお薬について」の医療講座から始まり、患者さんより寄せられた術後の悩みについて、専門スタッフより回答させて頂きました。その後、スタッフが見守る中、温泉入浴や、アロマハンドマッサージで癒しの一時を過ごし、昼食ご宴会では、マジックショーや三味線コンサートを楽しみながら交流しました。また、新企画のお楽しみ抽選会では、当選した患者さんやご家族さんより体験談などのスピーチしていただきました。

 今年も皆様のお元気な様子を伺い、たくさんの元気を頂きました。来年もこの術後の会で再会することをお約束して散会しました。

〇DSC04172HP 〇IMG_33hp68
   
〇DSC04240hp 〇IMG_hp3400
   
〇IMG_34hp31 〇IMG_3hp379
   
〇DSC0431hp1 〇DSC043hp47
   
〇集合写真hpIMG_3552

   

 

▲ ページの先頭へ