ブログ

2020.10.15 | Topics 

第21回 オンライン心臓血管外科術後の会

オンライン心臓血管外科術後医療講演開催

 

 

 2020年10月7日(水)、21回目となる心臓血管外科術後の会を『オンライン心臓血管外科術後医療講演』と題し、初めてオンラインにて開催致しました。今回は、術後の会の会員さん約30名の方が参加されました。

 開会挨拶後には、心臓血管外科部長の只腰雅夫による『血管手術、シャント後に気を付けること』の講演が行われ、その後、総長の大橋壯樹による『心臓血管外科手術後に気を付けること』の講演が行われました。次に、患者さんからの質問等に回答する医療相談が行われ、術後の様々な疑問や相談にお答えしました。

 さらに、今回参加して頂いた方には、お楽しみ抽選会を行い、当選した参加者の方からは喜びの声を聞くことができました。

 今後は、直接お会いすることも勿論大切ですが、新しい人と人とのつながり方であるオンラインでの交流の機会も増やしていきたいと思います。

術後の会事務局

_2298 391
   
◎IMG_2333 968
   

 

▲ ページの先頭へ

2020.09.16 |

第10回 春日井心臓血管セミナー

【オンライン】第10回 春日井心臓血管セミナー開催 ~テーマ:不整脈治療~

 

 2020年9月12日(土)に、オンラインによる『第10回春日井心臓血管セミナー』を開催し、今回のテーマ「不整脈治療」についての講演がありました。オンラインでの開催は初めての試みでありましたが、全国各地から約180名もの方に参加して頂きました。

 セッション①では、藤田医科大学ばんたね病院循環器内科准教授の祖父江嘉洋先生が『心房細動への包括的治療』と題し、心房細動に対しての脳梗塞等の発症リスクや予後について、治療方法を段階的に説明しました。さらに心房細動は今後増加傾向にあると言われ、高血圧、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、肥満など多くの要因があり、それぞれ積極的に治療介入することで予後が改善する可能性があると講演をされました。

 セッション②では、日本医科大学大学院医学研究科の循環器内科学分野大学院教授の清水渉先生が『遺伝性不整脈の最前線~日本国内多施設登録研究から~』と題し、ブルガダ症候群には遺伝子の先天的な異常が関わっていることや、年間再発率の高さを解説し、治療方針としてはICD(植え込み型除細動器)を含め、臨床所見に加え、心電図学リスク指標を考慮して決定することについての講演をされました。

 今後も、オンラインを含めた春日井心臓血管セミナーを継続開催し、地域医療に貢献していきたいと思います。

sohue_2071  
祖父江嘉洋先生  
   
simizu5-001  
清水渉先生  
   
スクblog (25)  
オンライン中継  
   

 

▲ ページの先頭へ

2020.07.02 |

心臓血管外科フォーラム Summit

医療技術の向上とより良い治療を支援する「学べる環境」を提供

 

心臓血管外科フォーラム Summit

 logo 1x

Screenshot_2020-07-02 Summit Screenshot_2020-07-02 症例一覧 マイページ | Summit

アカウント登録にてログインできます。

*医療従事者限定です。

▲ ページの先頭へ