心臓病を理解しよう

血糖降下剤(糖尿病に対するお薬)

糖尿病とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。糖尿病と診断されたときには、たとえ何も症状を感じなくても、様々な合併症を防ぐために、治療に取り組むことがとても大切です。
手術後は食事の前に血糖を測定します。その際血糖値が200mg/dLを超えると、血糖を下げる注射(インスリン)を打ちます。血糖値が高値で推移している場合は血糖を下げる飲み薬が追加になることがあります。

 

●使用上の注意点  
血糖を下げる薬を使用されている方は低血糖症状に注意してください。
●低血糖症状とは下記のような症状のことです。

DM 図 1

●低血糖時の対策
低血糖の症状が現れたら、すぐに糖分(ジュースや砂糖)を補給してください。(薬剤名:グルコバイ、アカルボース、ベイスン、ベグリラート、ボグリボース、セイブルを服用されている方はブドウ糖を補給してください。) 症状が治まらない場合はすぐに受診してください。糖分、ブドウ糖などは常に携帯してください。

 

 ・内服薬

〇GLP-1受容体作動薬(注射薬)
・血糖値が高い時にインスリンの分泌を促進して、血糖値を下げる薬です。 
代表的な薬剤名 ビクトーザ
ジェネリック医薬品 なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、主成分として0.9mgを1日1回朝または夕に皮下注射します。ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量します。注射時刻は朝または夕のいずれでもかまいませんが、可能な限り同じ時刻に行います。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、便秘が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•吐き気・嘔吐を伴う持続的な激しい腹部または腰背部の痛み、発熱、食欲低下[膵炎]
•高度の便秘・腹部膨満感・持続する腹痛・嘔吐[腸閉塞]
   
   
代表的な薬剤名 バイエッタ
ジェネリック医薬品 なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、主成分として1回5μgを1日2回朝夕食前60分以内に皮下注射します。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、低血糖症状、吐き気、便秘、食欲減退、嘔吐、腹部不快感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•むくみ、全身のけいれん、貧血[腎不全]
•嘔吐を伴うような持続的なおなかの痛み、発熱、吐き気[急性膵炎]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹、まぶた・口唇の腫れ、じんましん[アナフィラキシー反応、血管浮腫]
•排便・排ガスの停止、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐[腸閉塞]
   
   
代表的な薬剤名 ビデュリオン
ジェネリック医薬品 なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、2mgを週に1回、皮下注射します。
副作用 主な副作用として、低血糖症状、吐き気、便秘、食欲減退、嘔吐、腹部不快感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•むくみ、全身のけいれん、貧血[腎不全]
•嘔吐を伴うような持続的なおなかの痛み、発熱、吐き気[急性膵炎]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹、まぶた・口唇の腫れ、じんましん[アナフィラキシー反応、血管浮腫]
•排便・排ガスの停止、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐[腸閉塞]
   
   
代表的な薬剤名 リキスミア
ジェネリック医薬品 なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、主成分として1回20μgを1日1回朝食前に皮下注射します。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、悪心、低血糖症、嘔吐、食欲不振などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、手足の震え[低血糖]
•嘔吐を伴う持続的な腹痛、発熱[急性膵炎]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹、まぶた・口唇の腫れ、蕁麻疹[アナフィラキシー反応、血管浮腫]
   
   
〇スルホニル尿素(SU)薬
・すい臓のランゲルハンス島の細胞に働いてインスリンの分泌量を増やす薬です。
代表的な薬剤名 ヘキストラスチノン
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、1日0.5~1.0gを服用し、必要に応じ適宜増量します。服用方法は、1回服用の場合は朝食前又は後、2回服用の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口服用します。 
副作用 最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名 デアメリンS
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、1日125~250mgを服用し、必要に応じ適宜増量します。服用方法は、1回服用の場合は朝食前又は後、2回服用の場合は朝夕それぞれ食前又は後に服用します。 
副作用 最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
再生不良性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名 ジメリン
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、1日250mgを服用し、必要に応じ適宜増量します。服用方法は、1回服用の場合は朝食前又は後、2回服用の場合は朝夕それぞれ食前又は後に服用します。 
副作用 最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名 アベマイド
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1日1回100~125mgを朝食前又は後に服用し、必要に応じ適宜増量します。
副作用
もっとも注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名 グリミクロン、グリミクロンHA
ジェネリック医薬品 グリクラジド、ルイメニア
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1日40mgより開始し、1日1~2回(朝または朝夕)食前または食後に服用します。
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名
オイグルコン、ダオニール
ジェネリック医薬品 グリベンクラミド、パミルコン、マーグレイド、ダムゼール
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1日1.25mg~2.5mgを服用し、必要に応じ適宜増量します。服用方法は、原則として1回服用の場合は朝食前又は後、2回服用の場合は朝夕それぞれ食前又は後に服用します。 
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
代表的な薬剤名 アマリール
ジェネリック医薬品 グリメピリド
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、0.5mg~1mgより開始し、1日1~2回朝または朝夕、食前または食後に服用します。
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
溶血性貧血や無顆粒球症など血液障害を起こすことがまれにあります。発熱やのどの痛み、皮下出血や歯茎の出血などの症状に注意しましょう。
   
   
〇速効型インスリン分泌促進薬
・すい臓のランゲルハンス島の細胞に働いてインスリンの分泌量を増やす薬です。
 SU薬と比較して効き目が速く、食事の直前に服用すれば、インスリンがすぐに増えて血糖値が高くなるのを抑えられます。
代表的な薬剤名 ファスティック、スターシス
ジェネリック医薬品 ナテグリニド
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1回90mgを1日3回毎食直前に服用します。(食後服用では効果が弱まります。効果的に食後の血糖上昇を抑制するため、必ず食直前に服用してください。)
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、肝機能障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)や心筋梗塞(症状:冷や汗、めまい、顔面蒼白、胸の違和感、締め付けられるような胸の痛み)の報告があります。
   
   
代表的な薬剤名 グルファスト
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1回10mgを1日3回毎食直前に服用します。(食後服用では効果が弱まります。効果的に食後の血糖上昇を抑制するため、必ず食直前に服用してください。)
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、心筋梗塞(症状:冷や汗、めまい、顔面蒼白、胸の違和感、締め付けられるような胸の痛み)の報告があります。
   
   
代表的な薬剤名 シュアポスト
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1回0.25mgより開始し、1日3回毎食直前に服用します。(食後服用では効果が弱まります。効果的に食後の血糖上昇を抑制するため、必ず食直前に服用してください。)
副作用
最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、肝機能障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)や心筋梗塞(症状:冷や汗、めまい、顔面蒼白、胸の違和感、締め付けられるような胸の痛み)の報告があります。
   
   
〇ビグアナイド薬  
・肝臓や筋肉のインスリンに対する反応を良くする作用、肝臓が糖を作って血液中に送り出すことを抑える作用、消化管からの糖の吸収を抑える作用などのある薬です。
代表的な薬剤名 メトグルコ、グリコラン
ジェネリック医薬品 メトリオン、メデット、ネルビス、メトホルミン塩酸塩
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法
通常、1日500mgより開始し、1日2~3回食後(メトグルコは食直前又は食後)に分けて服用します。
副作用
下痢や吐き気、食欲不振、腹痛などが起こることがあります。
また、乳酸アシドーシスはこの薬に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。特に、もともと腎臓病や肝臓病、心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水を起こしている場合、利尿薬との併用時、また飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいものです。胃腸症状をはじめ、けん怠感、筋肉痛、息苦しさなどを伴いますので、このような場合は直ちに受診してください。
その他、「低血糖」を起こすおそれもあります。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
   
   
ジェネリック医薬品 ジベトス、ジベトンS
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、1日100mgより開始し、1日2~3回食後に分けて服用します。
副作用
下痢や吐き気、食欲不振、腹痛などが起こることがあります。
また、乳酸アシドーシスはこの薬に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。特に、もともと腎臓病や肝臓病、心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水を起こしている場合、利尿薬との併用時、また飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいものです。胃腸症状をはじめ、けん怠感、筋肉痛、息苦しさなどを伴いますので、このような場合は直ちに受診してください。
その他、「低血糖」を起こすおそれもあります。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
   
   
〇α-グルコシダーゼ阻害薬
・腸で二糖類から単糖類への分解を阻害し、デンプンや砂糖が吸収されるのを抑え、ブドウ糖の吸収を遅らせることにより、食後の高血糖を抑える薬です。
代表的な薬剤名 ベイスン
ジェネリック医薬品 ベグリラート、ボグリボース
効果 食後の血糖上昇をおさえる薬です。
服用方法 通常、1回0.2mgを1日3回毎食直前に服用します。(必ず食直前に服用してください。万一、飲み忘れた場合は、食事中でも良いのですぐに飲むようにしましょう。)
副作用 特に飲み始めにおなかの調子が悪くなることがあります。おなかが張ってゴロゴロしたり、軟便になり排便回数が増えたりします。重症化することはほとんどなく、しだいに慣れることが多いのですが、ひどい腹痛が続いたり嘔吐をともなうときは早めに受診してください。
他の糖尿病治療薬と併用しているときは、「低血糖」にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐにブドウ糖を補給するようにしましょう。
その他重い副作用として、肝障害が報告されています。初期症状として発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。
   
   
代表的な薬剤名 グルコバイ
ジェネリック医薬品 アカルボース
効果 食後の血糖上昇をおさえる薬です。
服用方法 通常、1回100mgを1日3回、食直前に服用します。(必ず食直前に服用してください。万一、飲み忘れた場合は、食事中でも良いのですぐに飲むようにしましょう。)
副作用 特に飲み始めにおなかの調子が悪くなることがあります。おなかが張ってゴロゴロしたり、軟便になり排便回数が増えたりします。重症化することはほとんどなく、しだいに慣れることが多いのですが、ひどい腹痛が続いたり嘔吐をともなうときは早めに受診してください。
他の糖尿病治療薬と併用しているときは、「低血糖」にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐにブドウ糖を補給するようにしましょう。
その他重い副作用として、肝障害が報告されています。初期症状として発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。
   
   
代表的な薬剤名 セイブル
ジェネリック医薬品 なし
効果 食後の血糖上昇をおさえる薬です。
服用方法 通常、1回50mgを1日3回毎食直前に服用します。
副作用 特に飲み始めにおなかの調子が悪くなることがあります。おなかが張ってゴロゴロしたり、軟便になり排便回数が増えたりします。重症化することはほとんどなく、しだいに慣れることが多いのですが、ひどい腹痛が続いたり嘔吐をともなうときは早めに受診してください。
他の糖尿病治療薬と併用しているときは、「低血糖」にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐにブドウ糖を補給するようにしましょう。
その他重い副作用として、肝障害が報告されています。初期症状として発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。
   
   
〇インスリン抵抗性改善薬
・肝臓や筋肉のインスリンに対する反応を良くして、血液中のブドウ糖が肝臓や筋肉に取り込まれやすくする薬です。
代表的な薬剤名 アクトス
ジェネリック医薬品 ピオグリタゾン
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、15~30mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。
副作用 注意する副作用として、浮腫(むくみ)があります。もともと心臓の弱い人では、心臓に負担がかかり心不全を起こすおそれもあります。手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさ、動悸などの症状に注意しましょう。
インスリンを含め他の糖尿病治療薬と併用しているときは、「低血糖」にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、肝機能障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐)が発現する可能性があります。また、服用中に血尿や頻尿、排尿痛などがあらわれたら、直ちに受診するようにしてください。
   
   
〇DPP-4阻害薬  
・栄養素が消化管に入ると、小腸の粘膜から、すい臓からのインスリン分泌を促進するホルモン(インクレチン)が分泌されます。
 DPP-4阻害薬は、このホルモン(インクレチン)を分解する酵素(DPP-4)の働きを抑えてインクレチンを増やすことで、インスリンの分泌量を増やします。
代表的な薬剤名 ジャヌビア、グラクティブ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、50mgを1日1回服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、急性膵炎を起こす可能性もあります。嘔吐や激しい腹痛が続く場合は、すみやかに医師の診察を受けるようにしてください。他にも肝障害や腎不全、腸閉塞、横紋筋融解症などの報告があるようです。ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、尿が出ない、腹部膨満、便秘、筋肉痛や脱力といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
代表的な薬剤名 エクア
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、50mgを1日2回朝、夕に服用します。ただし、50mgを1日1回朝のみ服用することがあります。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、肝機能障害や急性膵炎、腸閉塞、横紋筋融解症などの副作用報告があるようですが、これらの発現頻度はきわめてまれです。もし、ひどい倦怠感、強い吐き気、嘔吐、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、激しい腹痛、腹部膨満、便秘、筋肉痛や脱力といった症状があらわれた場合は、早めに医師と連絡をとり適切な指示を受けるようにしてください。
   
   
代表的な薬剤名 ネシーナ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、25mgを1日1回服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、急性膵炎を起こす可能性もあります。嘔吐や激しい腹痛が続く場合は、すみやかに医師の診察を受けるようにしてください。肝機能障害や横紋筋融解症の報告があるようです。ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、筋肉痛や脱力といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
代表的な薬剤名 トラゼンタ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、5mgを1日1回経口服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、腸閉塞が現れることがあります。ひどい便秘、腹部膨満、持続する腹痛、吐き気や嘔吐といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
代表的な薬剤名 テネリア
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、20mgを1日1回服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、腸閉塞が現れることがあります。ひどい便秘、腹部膨満、持続する腹痛、吐き気や嘔吐といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
代表的な薬剤名 スイニー
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、1回100mgを1日2回朝夕に服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、腸閉塞が現れることがあります。ひどい便秘、腹部膨満、持続する腹痛、吐き気や嘔吐といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
代表的な薬剤名 オングリザ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、5mgを1日1回服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
その他、腸閉塞が現れることがあります。ひどい便秘、腹部膨満、持続する腹痛、吐き気や嘔吐といった症状に注意し、そのような場合は医師と連絡をとり適切な指示を受けてください。
   
   
〇2つの有効成分が合わさった合剤
代表的な薬剤名 メタクト
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
特徴 糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:アクトス)と糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:メトグルコ、グリコラン)の2種類が混合された薬です。
服用方法 通常、1日1回1錠を朝食後に服用します。  
副作用
下痢や吐き気、食欲不振、腹痛などが起こることがあります。
また、乳酸アシドーシスはこの薬に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。特に、もともと腎臓病や肝臓病、心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水を起こしている場合、利尿薬との併用時、また飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいものです。胃腸症状をはじめ、けん怠感、筋肉痛、息苦しさなどを伴いますので、このような場合は直ちに受診してください。
注意する副作用として、浮腫(むくみ)があります。もともと心臓の弱い人では、心臓に負担がかかり心不全を起こすおそれもあります。手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさ、動悸などの症状に注意しましょう。
その他、肝機能障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐)が発現する可能性があります。また、服用中に血尿や頻尿、排尿痛などがあらわれたら、直ちに受診するようにしてください。
その他、「低血糖」を起こすおそれもあります。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
   
   
代表的な薬剤名 ソニアス
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
特徴 糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:アクトス)と糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:アマリール)の2種類が混合された薬です。
服用方法 通常、1日1回1錠を朝食前又は朝食後に服用します。  
副作用 注意する副作用として、浮腫(むくみ)があります。もともと心臓の弱い人では、心臓に負担がかかり心不全を起こすおそれもあります。手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさ、動悸などの症状に注意しましょう。
その他、肝機能障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐)が発現する可能性があります。また、服用中に血尿や頻尿、排尿痛などがあらわれたら、直ちに受診するようにしてください。
また、「低血糖」を起こすおそれもあります。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
   
   
代表的な薬剤名 リオベル
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
特徴 糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:アクトス)と糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:ネシーナ)の2種類が混合された薬です。
服用方法 通常、1日1回1錠を朝食前又は朝食後に服用します。 
副作用 注意する副作用として、浮腫(むくみ)があります。もともと心臓の弱い人では、心臓に負担がかかり心不全を起こすおそれもあります。手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさ、動悸などの症状に注意しましょう。
低血糖症にも注意が必要です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
また、急性膵炎を起こす可能性もあります。嘔吐や激しい腹痛が続く場合は、すみやかに医師の診察を受けるようにしてください。その他、血尿や頻尿、排尿痛などがあらわれたら、早めに受診し医師とよく相談してください。
   
   
代表的な薬剤名 グルベス
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
特徴 糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:グルファスト)と糖尿病治療薬(代表的な薬剤名:ベイスン)の2種類が混合された薬です。
服用方法 通常、1回1錠を1日3回毎食直前に服用します。 (必ず食直前に服用してください。万一、飲み忘れた場合は、食事中でも良いのですぐに飲むようにしましょう。)
副作用 最も注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
飲み始めにおなかの調子が悪くなることがあります。おなかが張ってゴロゴロしたり、軟便になり排便回数が増えたりします。重症化することはほとんどなく、しだいに慣れることが多いのですが、ひどい腹痛が続いたり嘔吐をともなうときは早めに受診してください。
心筋梗塞と肝機能障害の報告があるようです。頻度的にきわめてまれと考えられますが、狭心症など もともと心臓の悪い人は心筋梗塞の発現に注意が必要かもしれません。また、肝障害の初期症状として発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる といった症状があらわれた場合は、すぐ医師に連絡してください。
   
   
〇SGLT2阻害薬  
・糖を尿に排泄して、血糖値を下げる薬です。
代表的な薬剤名 スーグラ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、50mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
   
代表的な薬剤名 フォシーガ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、5mgを1日1回服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
   
代表的な薬剤名 ルセフィ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、2.5mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
   
代表的な薬剤名 デベルザ、アプルウェイ
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、20mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。 
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
   
代表的な薬剤名 カナグル
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、100mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。 
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
   
代表的な薬剤名 ジャディアンス
ジェネリック医薬品 なし
効果 血糖値を下げる薬です。
服用方法 通常、10mgを1日1回朝食前又は朝食後に服用します。
副作用 特に他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖症の発現に十分に注意してください。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
頻尿や多尿がよくみられます。場合によっては脱水につながりますので、予防のための適度な水分補給が大事です。
その他、膀胱炎など尿路感染症や性器感染症を起こすことがあります。多くはありませんが、重い腎盂腎炎の発症例も報告されているようです。発熱、排尿痛、脇腹や背中の痛み、普段とは違う腰痛などがあらわれたら医師と連絡をとってください。
   
※服用方法は年齢、症状により適宜増減されることがあります。 医師の指示通りに服用してください。
  また、上記の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

インスリン製剤(注射薬)

①~⑤のインスリン製剤は「注射してから効果が出るまでの時間」と「インスリンの作用が持続する時間」によって、種類が分けられています。

 

①超速効型(注射してから効果が出るまでの時間は約10~20分程度で、インスリンの作用が持続する時間は3~5時間と短い)

代表的な薬剤名 ノボラピッド
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法 通常、初期に1回主成分として2〜20単位を毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、低血糖昏睡、低血糖痙攣などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログ
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法 通常、初期には1回主成分として4〜20単位を朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 アピドラ
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法 通常、1回2〜20単位を毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病性網膜症の顕在化または増悪、低血糖、注射部位の発赤・腫脹・かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力感、強い空腹感、冷汗[低血糖]
•全身皮膚反応(発疹)、血管神経性浮腫(まぶた・口唇の腫れ)、気管支痙攣[ショック、アナフィラキシー様症状]
   
②速効型(注射してから効果が出るまでの時間は30分~1時間で、インスリンの作用が持続する時間は5~8時間)
代表的な薬剤名 ノボリンR
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法 通常、毎食前に主成分として2〜20単位を皮下注射します。なお、注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマリンR
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、1回主成分として2〜20単位を毎食前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
③中間型(注射してから効果が出るまでの時間は1~3時間で、インスリンの作用が持続する時間は18~24時間)
代表的な薬剤名 ヒューマログN
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期には1回主成分として4〜20単位を朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ノボリンN、ヒューマリンN
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、成人は初期は1回4〜20単位を朝食前30分以内に皮下注射します。注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]
   
④持効型(注射してから効果が出るまでの時間は1~2時間で、インスリンの作用が持続する時間はほぼ1日にわたります。トレシーバは42時間以上持続します)
代表的な薬剤名 ランタス
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日1回皮下注射します。注射時刻は朝食前または就寝前のどちらかで、毎日一定としてください。注射量は症状や検査所見に応じて増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、低血糖、発疹、注射部位の疼痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力感、強い空腹感、冷汗[低血糖]
•全身皮膚反応(発疹)、血管神経性浮腫(まぶた・口唇の腫れ)、気管支痙攣[ショック、アナフィラキシー様症状]
   
   
代表的な薬剤名 レベミル
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1日1回主成分として4〜20単位を皮下注射します。注射時刻は夕食前または就寝前のいずれでもかまいませんが、毎日一定とします。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用  
   
代表的な薬剤名 トレシーバ
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1日1回主成分として4〜20単位を皮下注射します。注射時刻は夕食前または就寝前のいずれでもかまいませんが、毎日一定とします。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
⑤混合型(超速効型や速効型インスリンと中間型インスリンや持効型インスリンを、いろいろな割合であらかじめ混合したインスリン)
代表的な薬剤名 ノボラピッド30ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日2回朝夕の食直前に皮下注射します。1日1回注射の場合は朝食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、高血糖、体重増加などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
代表的な薬剤名 ノボラピッド50ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日2回朝夕の食直前に皮下注射します。1日1回注射の場合は朝食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名
ノボラピッド70ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期に1回主成分として2〜20単位を1日3回毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病網膜症および低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログミックス25
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、1回主成分として4〜20単位を1日2回朝食直前と夕食直前に皮下注射します。1日1回注射のときは朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログミックス50
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、1回主成分として4〜20単位を1日2回朝食直前と夕食直前に皮下注射します。医師の判断に基づき、ときに注射回数を増減されることがありますが、その場合も食直前に注射します。1日1回注射のときは朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難、じんましん[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ライゾデグ
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、初期は1回4~20単位を1日1~2回皮下注射します。1日1回投与のときは、主たる食事の直前に投与し、毎日一定とします。1日2回投与のときは、朝食直前と夕食直前に注射します。投与量は症状及び検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難、じんましん[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ノボリン30R、イノレット30R、ヒューマリン3/7
ジェネリック医薬品
なし
効果
不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。
使用方法
通常、1回4〜20単位を1日2回、朝食前と夕食前30分以内に皮下注射します。なお、1日1回注射のときは朝食前に皮下注射します。注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]
   
⑥その他  
代表的な薬剤名 ビクトーザ
ジェネリック医薬品 なし
効果
膵臓からのインスリンの分泌を促進し、血糖上昇を抑える薬です。また、 血糖値を上昇させるホルモン(グルカゴン)の分泌を抑えます。
使用方法 通常、主成分として0.9mgを1日1回朝または夕に皮下注射します。ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量します。注射時刻は朝または夕のいずれでもかまいませんが、可能な限り同じ時刻に行います。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、便秘が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•吐き気・嘔吐を伴う持続的な激しい腹部または腰背部の痛み、発熱、食欲低下[膵炎]
•高度の便秘・腹部膨満感・持続する腹痛・嘔吐[腸閉塞]
   
   
代表的な薬剤名 バイエッタ、ビデュリオン
ジェネリック医薬品 なし
効果
膵臓からのインスリンの分泌を促進し、血糖上昇を抑える薬です。また、 血糖値を上昇させるホルモン(グルカゴン)の分泌を抑えます。
使用方法 通常、主成分として1回5μgを1日2回朝夕食前60分以内に皮下注射します。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、低血糖症状、吐き気、便秘、食欲減退、嘔吐、腹部不快感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•むくみ、全身のけいれん、貧血[腎不全]
•嘔吐を伴うような持続的なおなかの痛み、発熱、吐き気[急性膵炎]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹、まぶた・口唇の腫れ、じんましん[アナフィラキシー反応、血管浮腫]
•排便・排ガスの停止、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐[腸閉塞]
   
代表的な薬剤名 リキスミア
ジェネリック医薬品 なし
効果
膵臓からのインスリンの分泌を促進し、血糖上昇を抑える薬です。また、 血糖値を上昇させるホルモン(グルカゴン)の分泌を抑えます。
使用方法 通常、主成分として1回20μgを1日1回朝食前に皮下注射します。注射量は状態に応じて適宜増減されます。
副作用 主な副作用として、悪心、低血糖症、嘔吐、食欲不振などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、手足の震え[低血糖]
•嘔吐を伴う持続的な腹痛、発熱[急性膵炎]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹、まぶた・口唇の腫れ、蕁麻疹[アナフィラキシー反応、血管浮腫]
〇インスリン製剤  
・足りなくなったインスリンを補います 。
・①~⑤のインスリン製剤は「注射してから効果が出るまでの時間」と「インスリンの作用が持続する時間」によって、種類が分けられています。
①超速効型(注射してから効果が出るまでの時間は約10~20分程度で、インスリンの作用が持続する時間は3~5時間と短い)
代表的な薬剤名 ノボラピッド
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、初期に1回主成分として2〜20単位を毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、低血糖昏睡、低血糖痙攣などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログ
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、初期には1回主成分として2〜20単位を毎食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 アピドラ
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、1回2〜20単位を毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病性網膜症の顕在化または増悪、低血糖、注射部位の発赤・腫脹・かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力感、強い空腹感、冷汗[低血糖]
•全身皮膚反応(発疹)、気管支痙攣[ショック、アナフィラキシー様症状]
   
②速効型(注射してから効果が出るまでの時間は30分~1時間で、インスリンの作用が持続する時間は5~8時間)
代表的な薬剤名 ノボリンR
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法 通常、毎食前に主成分として2〜20単位を皮下注射します。なお、注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマリンR
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、1回主成分として4〜20単位を毎食前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
③中間型(注射してから効果が出るまでの時間は0.5~3時間で、インスリンの作用が持続する時間は18~24時間)
代表的な薬剤名 ヒューマログN
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期には1回主成分として4〜20単位を朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ノボリンN、ヒューマリンN
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、成人は初期は1回4〜20単位を朝食前30分以内に皮下注射します。注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]
   
④持効型(注射してから効果が出るまでの時間は1~2時間で、インスリンの作用が持続する時間はほぼ1日にわたります。トレシーバは42時間以上持続します)
 
     
 
代表的な薬剤名 ランタス
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日1回皮下注射します。注射時刻は朝食前または就寝前のどちらかで、毎日一定としてください。注射量は症状や検査所見に応じて増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、低血糖、発疹、注射部位の疼痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力感、強い空腹感、冷汗[低血糖]
•全身皮膚反応(発疹)、血管神経性浮腫(まぶた・口唇の腫れ)、気管支痙攣[ショック、アナフィラキシー様症状]
   
   
代表的な薬剤名 レベミル
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1日1回主成分として4〜20単位を皮下注射します。注射時刻は夕食前または就寝前のいずれでもかまいませんが、毎日一定とします。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用  
   
   
代表的な薬剤名 トレシーバ
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1日1回主成分として4〜20単位を皮下注射します。注射時刻は毎日一定とします。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
   
⑤混合型(超速効型や速効型インスリンと中間型インスリンや持効型インスリンを、いろいろな割合であらかじめ混合したインスリン)
代表的な薬剤名 ノボラピッド30ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日2回朝夕の食直前に皮下注射します。1日1回注射の場合は朝食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、高血糖、体重増加などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ノボラピッド50ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1回主成分として4〜20単位を1日2回朝夕の食直前に皮下注射します。1日1回注射の場合は朝食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名
ノボラピッド70ミックス
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期に1回主成分として2〜20単位を1日3回毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、糖尿病網膜症および低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•脱力・倦怠感、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•呼吸困難、血圧低下、頻脈(脈が速い)[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇・舌の腫れ、じんましん、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログミックス25
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、1回主成分として4〜20単位を1日2回朝食直前と夕食直前に皮下注射します。1日1回注射のときは朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ヒューマログミックス50
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、1回主成分として4〜20単位を1日2回朝食直前と夕食直前に皮下注射します。医師の判断に基づき、ときに注射回数を増減されることがありますが、その場合も食直前に注射します。1日1回注射のときは朝食直前に皮下注射します。症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難、じんましん[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ライゾデグ
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、初期は1回4~20単位を1日1~2回皮下注射します。1日1回投与のときは、主たる食事の直前に投与し、毎日一定とします。1日2回投与のときは、朝食直前と夕食直前に注射します。投与量は症状及び検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖、注射部位の局所反応(腫れ、かゆみ、痛み、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•高度な空腹感、脱力感、振戦(手足の震え)[低血糖]
•呼吸困難、発汗、全身の発疹[アナフィラキシーショック]
•まぶた・口唇の腫れ、呼吸困難、じんましん[血管神経性浮腫]
   
   
代表的な薬剤名 ノボリン30R、イノレット30R、ヒューマリン3/7
ジェネリック医薬品
なし
効果
血糖値を下げる薬です。
使用方法
通常、1回4~20単位を1日2回、朝食前と夕食前30分以内に皮下注射します。なお、1日1回注射のときは朝食前に皮下注射します。注射量は症状および検査所見に応じて適宜増減されます。
副作用
主な副作用として、低血糖が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
•だるい、高度な空腹感、冷汗[低血糖]
•息苦しい、血圧低下、脈が速い[アナフィラキシーショック]
•まぶた、口唇の腫れ、息苦しい[血管神経性浮腫]

監修 名古屋徳洲会総合病院 薬局 箱家 優子、西郡沙季