心臓病を理解しよう

血管拡張薬(狭心症治療薬)

狭心症は、胸骨裏の不快感や圧迫感として感じられます。典型的には運動時に発生し、休憩をとると回復します。
通常、心臓にかかる負担(および酸素の必要量)が増大し、心臓が必要とする十分な血液を心臓の血管が供給できなくなって発生します。動脈に狭窄が起こると、心臓の血管の血流が制限される場合があります。狭窄はたいてい動脈内の脂肪性沈着物(アテローム動脈硬化)によって発生しますが、冠動脈の攣縮(痙攣性の収縮)によって発生する場合もあります。治療薬には、冠動脈を広げて血流をよくしたり、全身の血管も同時に広げて心臓の負担を軽くしたりする薬などがあります。

 

 

代表的な薬剤名 ニトログリセリン、バソレーター、ミオコール、ミリステープ、ニトロダームTTS、ミニトロテープ、メディトランステープ
ジェネリック医薬品 ニトロペン、ジドレン
効果 冠動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くします。全身の動脈も拡張させて血圧を下げて、心臓の負担を小さくします。
服用方法 舌下錠:1回0.3~0.6mg舌下投与します。数分間で効果の現れない場合、1回0.3~0.6mg追加投与します。
スプレー:1回1噴霧。効果不十分で1噴霧追加投与します。
テープ:1日1回1枚貼付します。※ミリステープは1日2回12時間毎に貼り替えます。
副作用
心配な副作用はほとんどありません。たくさん使用しても、蓄積されて副作用を起こすということはありません。また、毎日数回の使用でも、習慣性はありません。最も多い症状として、一時的に頭痛が起こることがありますが、しばらく使っている間に次第に慣れがでてきますので、頭痛は起こらなくなります。
また、血圧が下がることがあります。使用の際は、できるだけ腰かけた状態で使用してください。
   
   
代表的な薬剤名 ニトロール
ジェネリック医薬品 硝酸イソソルビド
効果 冠動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くします。全身の動脈も拡張させて血圧を下げて、心臓の負担を小さくします。
服用方法 錠剤:通常、1回5~10mgを1日3~4回舌下投与又は服用します。発作時は1回5~10mg舌下投与します。
スプレー:1回1噴霧します。数分間で効果の現れない場合、1回1噴霧に限り追加できます。
副作用
心配な副作用はほとんどありません。たくさん使用しても、蓄積されて副作用を起こすということはありません。また、毎日数回の使用でも、習慣性はありません。最も多い症状として、一時的に頭痛が起こることがありますが、しばらく使っている間に次第に慣れがでてきますので、頭痛は起こらなくなります。
   
代表的な薬剤名 ニトロールR、フランドル
ジェネリック医薬品 アンタップ、イソピット、硝酸イソソルビド、L-オーネスゲン、イソコロナールR、カリアントSR、ジアセラL、ニトラス、リファタック
効果 冠動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くします。全身の動脈も拡張させて血圧を下げて、心臓の負担を小さくします。持続性製剤です。
服用方法 錠剤、カプセル:通常、1回20mgを1日2回服用します。
テープ:通常、1回1枚、24~48時間毎に貼り替えます。
副作用
心配な副作用はほとんどありません。たくさん使用しても、蓄積されて副作用を起こすということはありません。また、毎日数回の使用でも、習慣性はありません。最も多い症状として、一時的に頭痛が起こることがありますが、しばらく使っている間に次第に慣れがでてきますので、頭痛は起こらなくなります。
   
   
代表的な薬剤名 アイトロール
ジェネリック医薬品 一硝酸イソソルビド、ソプレロール、タイシロール
効果 冠動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くします。全身の動脈も拡張させて血圧を下げて、心臓の負担を小さくします。
服用方法
通常、1回20mgを1日2回服用します。
副作用
心配な副作用はほとんどありません。たくさん使用しても、蓄積されて副作用を起こすということはありません。また、毎日数回の使用でも、習慣性はありません。最も多い症状として、一時的に頭痛が起こることがありますが、しばらく使っている間に次第に慣れがでてきますので、頭痛は起こらなくなります。
   
   
代表的な薬剤名 スカジロール
ジェネリック医薬品 スカジロール
効果 心臓にある交感神経の受容体を遮断することで、心臓を休ませる作用があります。
服用方法
通常、1回25~50mgを1日3回服用します。
副作用
飲み始めに体が怠くなったり、めまいを感じることがあります。軽ければ大抵心配いりませんが、ひどいときは早めに受診しましょう。
注意する症状として徐脈があります。脈が1分間に50以下になったり、息苦しさが強いときは医師に連絡してください。
稀ですが、ぜんそく発作を誘発する可能性があります。呼吸が苦しくなるようでしたらすぐに受診してください。
   
   
代表的な薬剤名 アドビオール
ジェネリック医薬品 なし
効果 心臓にある交感神経の受容体を遮断することで、心臓を休ませる作用があります。
服用方法
通常、1回5mgを1日3回服用します。
副作用
飲み始めに体が怠くなったり、めまいを感じることがあります。軽ければ大抵心配いりませんが、ひどいときは早めに受診しましょう。
注意する症状として徐脈があります。脈が1分間に50以下になったり、息苦しさが強いときは医師に連絡してください。
稀ですが、ぜんそく発作を誘発する可能性があります。呼吸が苦しくなるようでしたらすぐに受診してください。
   
代表的な薬剤名 アムロジン、ノルバスク
ジェネリック医薬品 アムロジピン
効果 心臓や体の血管を広げて血流がよくなり、血圧が下がります。また、心臓の脈をゆっくりして、心臓を休ませる作用もあります。
服用方法
通常、5mgを1日1回服用します。
副作用
顔のほてり、潮紅、頭痛、動悸、めまいなどが起こることがあります。
胸が痛んだり、脈が異常に遅くなるときは(1分間に50以下)、すぐに受診するようにしてください。その他、肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)や血液障害(症状:発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など)も報告されています。
   
代表的な薬剤名 ワソラン
ジェネリック医薬品 ベラパミル塩酸塩、ホルミトール
効果 心臓や体の血管を広げて血流がよくなり、血圧が下がります。また、心臓の脈をゆっくりして、心臓を休ませる作用もあります。
服用方法
通常、1回40~80mgを1日3回服用します。
副作用
注意する症状として、徐脈があります。脈が1分間に50以下になるようでしたら、できるだけ早く受診しましょう。
その他、顔の潮紅、頭痛、めまいなどがみられます。
長く飲み続けるていると、足の甲がむくんだり、歯肉が腫れてくることがあります。歯肉の腫れは、歯肉をよくブラッシングし口内を清潔に保つことで、ある程度予防可能なようです。
   
代表的な薬剤名
ペルサンチン
ジェネリック医薬品 アンギナール、ジピリダモール、サンペル、ペルミルチン、ヨウリダモール
効果 血管を広げて血流をよくしたり、血管のなかで血液が固まるのを防ぐ作用があります。
服用方法
通常、1回25mg、を1日3回服用します。L(徐放)が名称につくものは1回150mg、1日2回服用します。
副作用
副作用の少ない安全性の高いお薬ですが、量が多めになると、頭痛や頭重感、めまい、のぼせ、動悸などを起こすことがあります。症状の強いときは、医師に相談してください。
稀にかえって狭心症状が悪化することがあります。胸の痛みや圧迫感がひどくなるようでしたら、すぐに受診しましょう。
その他の重い副作用はめったにありませんが、とくにワルファリンと併用しているときは、血が止まりにくくなります。念のため注意してください。
   
代表的な薬剤名 コメリアン
ジェネリック医薬品 ジラゼプ塩酸塩、タンタリック、トルクシール
効果 血管を広げて血流をよくしたり、血管のなかで血液が固まるのを防ぐ作用があります。
服用方法
通常、1回50mgを1日3回服用します。
副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。稀に、頭痛や頭重感、めまい、のぼせ、動悸などを起こすことがあります。
   
代表的な薬剤名 ロコルナール
ジェネリック医薬品 カルナコール、トラピジル
効果 血管を広げて血流をよくしたり、血管のなかで血液が固まるのを防ぐ作用があります。
服用方法
通常、1回100mgを1日3回服用します。
副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。まれに、頭痛や頭重感、めまい、動悸などを生じることがあります。
重い副作用はまずありませんが、皮膚障害や肝障害(症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色)が報告されています。念のため注意してください。
   
代表的な薬剤名 シグマート
ジェネリック医薬品 ニコランマート、ニコランジル
効果 心臓をとりまく冠動脈を強力に広げるので、心筋に血液がたくさん届くようになります。心筋の血液不足が解消されれば、狭心発作もおさまります。
服用方法
通常、1日15mgを3回に分けて服用します。
副作用 安全性が高く、重い副作用はほとんどありません。人によっては、頭痛がするかもしれません。そのほか、めまい、顔のほてり、動悸などもみられます。頭痛は、続けているうちにたいてい軽くなりますが、ひどいときは医師に相談してください。
   
代表的な薬剤名 バスタレルF
ジェネリック医薬品 なし
効果
血管を広げて血流をよくしたり、血管の中で血液が固まるのを防ぐ作用があります。
服用方法
通常、1回3mgを1日3回服用します。
副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。稀に、ふらつきや、頭痛を生じることがあります。
 
 
     
 
※服用方法は年齢、症状により適宜増減されることがあります。 医師の指示通りに服用してください。
  また、上記の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。