診療科・部門

狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞とは?

心臓は全身に血液を送るポンプとしての役割を持っています。その心臓自身に血液を送る血管(冠動脈)は心臓の表面を覆うように発達しており、大動脈の根元から右に1本(右冠動脈)、左は主幹部を介して2本(左前下行枝・左回旋枝)に分かれ、さらに細かい分枝になり心筋を栄養しています。この冠動脈が狭くなったり、詰まったりする病気をそれぞれ狭心症、心筋梗塞と言います。

 

その原因には、動脈硬化による冠動脈内プラーク(粥腫)の増大による冠動脈内腔の狭窄、血管内皮の障害、冠動脈自体の攣縮など、様々なものがあります。近年、生活習慣の欧米化に伴い動脈硬化を原因とする狭心症・心筋梗塞を発症される人が増加し、注目されています。

 

どういった症状を起こすか?

冠動脈に狭窄があると、狭窄部位から末梢の心筋に十分な血液が供給できず、心筋の血流不足から、いわゆる胸痛を自覚します。この症状は人それぞれですが、前胸部の圧迫感、重苦しさ、絞扼感、で訴える方が多い印象です。

 

特徴としては、左肩や首やあご、歯茎といった胸以外の部位にも同時に症状を自覚することがあること、冷汗・嘔気を伴うことがあり、また、ある一定の労作(重い物を持ち上げる、坂道・階段を上がるなど)をきっかけに症状を自覚することが多いです。狭心症の段階では、動脈硬化の改善、狭心症症状を軽減する治療がメインとなりますが、ひとたび冠動脈が閉塞し急性心筋梗塞を発症すると、心筋壊死による心破裂・不整脈からの突然死に至るケースがあり、院外急性心肺停止の最も多い原因です。

 

急性心筋梗塞、および不安定狭心症をまとめて、急性冠症候群と呼び、循環器領域で代表的な急性期疾患です。急性心筋梗塞において血流が再開するまでの時間が短ければ短いほど生命予後が改善すると言われており、当科では365日24時間いつでも緊急でカテーテル治療ができる体制を整えています。

  

検査方法は?

冠動脈疾患の診断方法として、従来からの一般的な血液検査・胸部レントゲン・心電図・心エコー検査・運動負荷心電図検査に加えて、当院では心臓CT検査に力を入れています。最新の心臓CT機器装置を導入し、外来での当日検査対応可能な運用を常時行っており、また必要に応じて夜間緊急でもCT撮像できるようにしています。明らかに治療必要な狭窄が疑われる場合や、石灰化などにより判断が困難な場合、入院のうえ心臓カテーテル検査にて最終診断を行い、治療の必要性があればそのまま血管内治療を行うようにしています。

 

心臓カテーテル検査(冠動脈造影)は、冠動脈の状態を最も精密に評価するゴールデン・スタンダードな検査です。これにより詳細な情報を得ることでカテーテル治療に役立てます。ただ、局所麻酔下に手首・腕・足の付け根から血管内にカテーテルという直径約2mmの細い管を入れて行うため、患者様の身体には少なからず負担があります。

 

当院の特色として、上述の心臓CTを活用しているため、カテーテル検査の前には概ね心臓の状態が把握できています。そのため、検査と治療の2回に分けることなく、1回の身体の負担でそのまま治療に移行することが可能で、なるべく患者さん皆様の苦痛を軽減できるコンセプトで診療を心掛けています。

 

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

医療公開講座

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ