心臓血管外科手術について

ダヴィンチ ロボット 心臓手術

  当院では保険でのダヴィンチ手術を行っています。

 

手術支援ロボットダヴィンチ

 

 

DSC_0633

 

さらに小さな傷口でさらに安全かつ正確な手術を目指して

MICS手術をさらに進化させたのがダヴィンチロボット心臓手術です。

 

胸骨を縦割りせず肋間の小切開で行うMICS心臓手術は、細長いピンセットと鋏などで小さな傷口から心臓の悪いところを修復します。しかし複雑で細やかな技術を要する手術には困難な場合があります。ダビンチ ロボットでは3D画像で目の前に6倍近い病変を見ながら、自分の手以上の動きのできる細長いアームでの手術が可能となります。さらに、自分の手の動きをさらに細やかに伝え、手振れも防ぐことができます。この機械であれば米粒にもきれいな文字が書けます。すなわち、小さな傷口でさらに細やかで精度の高い手術が可能となります。

当院では2011年にダヴィンチ ロボットを導入し、主に前立腺手術(小切開内視鏡ロボット手術)を行ってまいりました。心臓手術に関しては2006年(10年前)よりアメリカでのロボット手術の見学、研修を行い、その後MICS手術を行いながらロボットの研修、訓練を何度となく行ってまいりました。今回ロボット手術施設としての認定され、ダヴィンチ ロボット 心臓手術が可能となりました。ロボット心臓手術連携病院として、ニューハート・ワタナベ国際病院の全面的な協力を得て、実際の手術にも直接の指導をいただきダヴィンチ ロボット心臓手術を導入しています。

 

watanabe H

 

IMG_1135 IMG_1134
コンソール:術者が操作する アーム:コンソールの指令でアームが動く
   
hpIMG_0285 ope sceneIMG_0316
コンソールからの指令でアームが細かく動く 患者さんの体内へ清潔なアームが挿入され動く
   
3D camera2_01 arm2
3Dカメラ:実際に目の前にあるように見える アーム:自由自在に動きいろいろなタイプがある
   
vs200313-003 vs200313-004
僧帽弁形成術の実際(アームのみが体内へ) 心房中隔欠損症手術の実際(アームのみが体内へ)
 vs200318-001  
ロボットでの内胸動脈グラフト採取の実際  
従来の胸骨正中切開 MICS手術 ロボット手術 ロボットバイパス手術
胸骨フル切開LITA MICS MVR胸骨 Davinchi ope 胸骨Davinch LITA
 上半身正常皮膚切開 上半身MICS肋間切開 DaVinchi rt thorax Davinch LITA
       

 ダヴィンチロボット心臓手術の利点

傷口が小さく痛みも少ない

体のダメージが少なく回復が早い

正確で安全な手術が可能

創部の感染が少ない(人間の手が入らない)

 

 

ダヴィンチロボットで行える心臓手術

 

僧帽弁形成術

 

vs200313-002 vs200313-003
通常の僧帽弁手術 ダヴィンチロボットでの僧帽弁手術

僧帽弁は心臓の裏側に位置しており、通常の正中切開の手術では心臓弁のある左房を裏返しして見ながら手術をしなければならないし、弁の観察、修復が困難な場合があります。

ダヴィンチロボットでは内視鏡が真正面にしかも10倍の倍率で見えて、ロボットの鉗子も真正面から動かせることができ弁の観察、修復が容易になります。人間の手の3倍ほどの繊細な動きで手振れ防止機能もあり、より正確で繊細な修復が可能となります。

 

心房中隔欠損症手術

 

vs200313-005 vs200313-004
   

冠動脈バイパス術

 

vs200318-001 vs200318-003
   

 

*術前状態、体型、病変の程度によってはダヴィンチロボット手術が不可能な場合もあります。