診療科・部門

未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤とは

 未破裂脳動脈瘤とは、脳動脈の壁にこぶのように膨らんだ部分があり、見つかった時点では、出血(破裂)の徴候がない状態のことです。頭部MRI検査を行うと、日本人では20人に1人の割合で見つかると言われ、決して稀なものではありません。また、脳動脈瘤があっても未破裂なので、通常は無症状です。但し、破裂すると、くも膜下出血を
起こすリスクをはらんでいます。

 

破裂率について

 未破裂脳動脈瘤が破裂する確率は、既往症、生活習慣、動脈瘤の大きさ、部位、形状によって左右されるといわれています。以下は、破裂のリスクがあるとされる代表的な項目です。

 

頭痛

 

治療方法

 未破裂脳動脈瘤への対応は①経過観察、②開頭術(脳動脈瘤クリッピング術)、③血管内手術(脳動脈瘤コイル塞栓術)の3つがあります。

 

①経過観察

 動脈瘤が小さい場合は経過観察が可能です。半年から1年の間隔でMRAを撮影して動脈瘤に変化が無いかを観察します。

 

②開頭術(脳動脈瘤クリッピング術)

 最も確実な脳動脈瘤の出血予防方法です。顕微鏡手術により脳動脈瘤の根元に クリップをかけて、脳動脈瘤への血流を遮断する手術です。ただし治療に要する入院期間も長く、2週間程かかります。

未破裂動脈瘤

 

③血管内手術(脳動脈瘤コイル塞栓術)

 カテーテルを、レントゲンを見ながら脳動脈瘤内に誘導して、脳動脈瘤の内部 にコイルを送り込むことで、脳動脈瘤内の血流を遮断する方法です。入院期間は短くて済みますが、複数回の手術が必要になる場合もあります。

未破裂動脈瘤


当科では、脳動脈瘤のクリッピング手術のギネス記録保持者、佐野公俊先生と一緒に手術をしています! 

未破裂動脈瘤

診療科のご案内

0568-51-8711

受付時間

午前診 8:00~11:30
(診療: 9:00~12:00)
夕診 16:30~19:00
(診療: 17:00~19:00)

診療日、診療時間は、
各科ごとに異なります
担当医表をご確認ください

  • 外来担当表
  • フロア案内

MAP

詳しくはこちら

心臓血管外科

人間ドック

採用情報

  • 名古屋徳洲会総合病院看護師求人
  • 名古屋徳洲会総合病院研修医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院専攻医募集
  • 名古屋徳洲会総合病院医師求人

  • 医療公開講座
  • 院外広報誌かすたねっと
  • 高蔵寺訪問看護ステーションのぞみ